異音がしたときのポイントについて

異音がしたときにまず考えることは、運転中か停止中かという事です。
運転中の音であれば駆動系の可能性か、部品が外れかけているや飛び石などの可能性が高く、停止中に音がするのであれば部品の欠落の可能性が最も高いです。停止中であればそのまま車周りを確認して部品の欠落がないか確認をしましょう。
運転中の音であれば、まずは安全な場所に停車させることから始めます。
そして音の発生場所を思い出して、原因の確認をしましょう。
足回りから音がするのであればパンク、もしくはシャーシからの部品の欠落の可能性が高いので車の底を確認します。
                                                                                                                 

注意点としてその際は周辺に車がない場所で確認するようにしましょう。出先で故障原因の確認を行っている際に、気づかれずにひかれてしまう事故というのが実際に起きています。
エンジンルームから音がしたり、アクセルを踏み込んだりブレーキをした際に音がのであれば、エンジンルームの確率が最も高いと思われます。エンジンルームをあけて内部を確認し、音がする原因を探りましょう。
その他にも、車体からの部品の欠落や外部からの飛び石などで音が発生する事もあったりと様々な原因で音は発生するので、あまりにも気になる場合はディーラーなどに点検を依頼しましょう。

Comments are closed.