排気系のチェックポイント

車を運転していて異音に気が付いたときにはどのようなところをチェックしたらいいでしょうか。もしアクセルを踏み込んだ時にそのタイミングに合わせて車の下面から大きな排気音が聞こえてくるようであれば、排気系のトラブルを疑った方がよさそうです。一般的にほとんどの車はガソリンや軽油をエンジン内で燃焼させて駆動力を得ます。燃焼の結果、エンジンから排出される排気ガスは排気管と呼ばれる長いパイプを伝って車外に放出されます。この長い排気管は通常ボディの下で何本かのパイプが接合されています。
                                                                                  

自転車BMX通常はあり得ないことですが、何かの拍子にこれらの接合部が外れてしまったり、穴が開いたりする場合があります。こうした場合、途中に開いた穴から排気ガスが漏れ出てしまうことになりますので、排気圧が十分にかからなくなり、思ったように加速しなくなります。また、マフラーには構造的に内部に水がたまりやすく、古い場合は内部から錆が進行し穴が開いてしまう場合があります。この時も排気音が非常に大きくなり、思ったように加速しなくなります。こうした症状が見られた場合にはまず排気上のトラブルがあると思われますので、専門店に車を持ち込みすぐに点検・修理をしてもらうことを強くお勧めします。

Comments are closed.