バッテリーのチェックポイント

クルマは移動をするときにも便利ですが、趣味として乗っている人も多いです。どれくらいクルマに愛着があるかによって、乗れる期間は異なるのでしょう。それは、クルマでも定期的なメンテナンスや点検をするか、しないかによって寿命が異なるからです。きっちりとしたメンテナンスと点検をするほうが長い期間、使うことができます。
点検には、日常的に行う事ができるものと走行中に行う事ができるものの二つがあります。走行中に行う事ができるチェックには、異音が発生したり、異臭が発生することがあります。特に異臭が発生したときには走行に影響を及ぼす可能性がある焦げたり、焼ける臭いに注意しましょう。バッテリー付近が異常がある場合には、オーバーチャージによる電解液の気化が原因です。充電をする装置が故障している可能性があります。走行をしていて、酢酸のように鼻に付く臭いや刺激臭がしたばあいには、この付近を疑ったほうがいいでしょう。
                                                                              

異臭がしたときには、すぐに整備工場にもっていって原因を探ってもらいましょう。そのときに、どのような異臭がしたかで点検するポイントがかわるので、しっかりと伝えることができるように記憶しておきましょう。点検が終われば、その後のアドバイスをもらうこともできるでしょう。

Comments are closed.