足まわりのチェックポイント

クルマはのっていると、自然と劣化をしていくものです。永久的に乗ることができるものではなく、走行をすることによって磨耗をしていきます。さまざまな部品が使用されていますが、どれかに不具合が発生するとクルマは異常としてその現象を伝えてくれるのです。日常点検や走行中の音によって、不具合が発生していないかを知ることが大切です。
                                                                                     

とくに走行中に、異音が発生するときにはその状況によって原因を突き止めることができるかもしれません。状況をしっかりと把握するとともに、異音がどこから発生しているかを探りましょう。足まわりの異音の特徴として、路面の段差があるときに異音が発生する場合にはサスペンションが原因だと考えられます。また、ブレーキを踏んだときの異音は当然ながらブレーキ周辺にあると考えて良いでしょう。タイヤのメンテナンス不足によっても異音が発生することがあります。このときには、タイヤの空気圧や磨耗具合をみるといいです。
このように、異音と一口でいってもその発生源から対象方法が異なるのです。専門家の人に任せるのではなく、自分でも日ごろから車のことを気にすることによって、大きな故障を防ぐことができます。大きな故障になる前に前兆を見つけましょう。

Comments are closed.