足回りのチェックポイント

クルマにのるときには、日々の点検や定期的なメンテナンスをすることで長く乗ることができます。どれだけ、クルマのことに関心があって世話をかけることができるかによるのです。点検に関しては、日常的にできることと、走行中に行うものの二つがあります。

走行中に行う事ができるものに異音のチェックがあります。ブレーキペダルを踏んだときや路面の段差を進行しているときなど、例をあげればたくさんあります。ブレーキペダルを踏んだときは、特に足回りに異常があるとみていいでしょう。単純にブレーキオイルがすくなっている可能性も考えられます。路面のちょっとした段差で異音が出るときにはサスペンションが関係していることがあります。または、タイヤの空気圧が原因で異音が発生していることも考えられます。そのときの状況をきっちりと把握しておきましょう。

                                                                             

観客状況を把握することは、整備工場にもっていったときに担当者に伝えることで原因の究明に役立てることができるからです。早期発見と、点検をすることで重大な故障につながるのを防ぐことができるのです。ちょっとした異音の発生や不具合は、部品が故障をするときの前兆かもしれないので、十分に気をつけましょう。

Comments are closed.